本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「ラッシュライフ」伊坂幸太郎 | main | 「重力ピエロ」伊坂幸太郎 >>
# 「エイジ」重松清
エイジ
エイジ
  • 発売元: 朝日新聞社
  • 価格: ¥ 693
  • 発売日: 2001/07
  • 売上ランキング: 7,735
  • おすすめ度 4.29


いやあ、やっぱりいいです重松清。この本にもほろりと涙。

(と、勢いづいてネタバレ激しいです。
まあ、ばれても充分読める本ではありますが、
嫌な人は読まないで先に本を読みましょう。とりあえず薦めときます)

14歳のエイジ、中学2年生。ごくごく平凡に過ごしていたが、
中学生がやらかした通り魔事件を機に、いろいろ考えるようになっていく・・
犯人はエイジの同級生だったのだ。
エイジは平凡よりもちょっと幸せな家庭に育つ。
教師の父と専業主婦の母、そして高校生の姉。
本当に笑っちゃうくらいいい家庭で、エイジ自身も
「ホームドラマっぽくて嘘っぽい」
と日々思って、軽く反発している。でも彼は普通のいい子である。
テレビのニュースで言われる陰惨なニュースをみても、他人事じゃん、と笑っていられる。

しかし同級生が通り魔をやらかしてしまい、彼は自分と彼がどう違うのか、
考えるようになる。同級生と言っても仲良くはない。喋ったことも記憶にないような、
全く普通の子である。彼と自分はどう違うのか、エイジはずっと考え、
イライラし、自分の中にある彼と同じものに気づいていく。
穢れを知らなかった子供が、世間にも邪悪なものがあり、そして自らにも
邪悪なものがあるということに気づき、そして大人となっていく。
その過程が哀しいほどリアルに描かれていて、胸に迫った。

もう私ってば既にオトナですからね。なんかそういうことを思うと更に哀しい。

前にも書いたが、この作家は本当にリアルである。(解説には実用的と書いてあったが)
中学生の会話がまさにそうなんだと思わせるし、彼らが考えている「嘘くさい」ことや
「うざい」こと、「かっこ悪い」こと、それもリアル。

それにしてもエイジはまあ少々、周りが見えすぎていて、
クラスに一人はいるおちゃらけ同級生が実はどんなに周りの雰囲気を見ていて
おちゃらけてるのか、実はどれだけ真面目なのかをよく見ているし、
いじめられているバスケ部の親友(という言葉もエイジにとってはうそ臭いのだが)が
自分に何を求めているかもよくわかっている。そしてそ知らぬふりをして、
片想いの女の子に責められたりする。

そんなエイジが、いろんな邪悪なものを振り払って、結局は「好きなもの」に
まっすぐ立ち向かおうとするエンディングは、爽やかで救いがあった。

しかし、通り魔くんがクラスに戻ってくるところ、感動的だったけど、
本物の中学生ならああはいかないんじゃないかな、と意地悪に思ってしまって、
そういうことを考える自分がまた哀しくなったり。
| comments(7) | trackbacks(9) | 08:47 | category: 作家別・さ行(重松清) |
コメント
本当に色々考えさせられる作品でした。あの微妙な心理状態を描いた重松さんにはとても感心しました。
| exp#21 | 2006/03/05 11:39 AM |

exp#21さん
こんばんは。ほんまそうですよね。重松さんは微妙な少年心理を書くのがすごくうまいので、読むのちょっと辛いくらいですよね・・でもこの本はラストがさわやかで、良かったです。
| ざれこ | 2006/03/06 1:48 AM |

重松さんの本は、リアルで少し怖さをかんじながらも、同感するところの多い本だと思う。今回の「エイジ」は、今の中学生に向けてのメッセージだと思った。
| choco | 2006/03/23 10:35 AM |

こんにちは、はじめまして。
通りすがりですが私もたまたま知っていて印象的な本だったのでコメントしてみました〜。この本、いろいろ考えさせられますよね。主人公の葛藤がリアルです。解説もまた面白いと思います〜
| みお | 2006/10/07 7:00 PM |

重松清さんの作品の中で、初めて読んだものが「エイジ」でした。自分の中にある感情を見透かされた気がしました。
何度読んでも、同じところで考え込んでしまいます。
| りさ | 2007/01/18 9:18 PM |

はじめまして。私は小学六年です
今年の夏休みの読書感想文
「エイジ」にしようと思っています。
とても書きやすくていいと思いました!

  また、小学6年生の教科書にも「カレーライス」という作品が
ありました。「カレーライス」は子供(小6)と父のリアルな
日常をえがいています。
| ちゃちゃ | 2009/07/24 5:44 PM |

塾のプリントで出ました。少し意味の解からない所があるので、
教えて下さい。主人公がオバサンに通り魔に間違えられる場面の
「あのババア、ぶっ殺してやる。うそだ。そんな力、どこにも残っていないし〜いまもはっきりと覚えてる」の所が良くわからないので
良かったら教えて下さい。
| 美結 | 2009/11/08 12:23 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.zare.boo.jp/trackback/192093
トラックバック
「エイジ」重松清
タイトル:エイジ 著者  :重松清 出版社 :新潮文庫 読書期間:2005/04/23 - 2005/04/26 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] ぼくの名はエイジ。東京郊外・桜ヶ丘ニュータウンにある中学の二年生。その夏、町には連続通り魔事件が発生して
| AOCHAN-Blog | 2005/05/31 11:38 AM |
重松 清 『エイジ』 …中坊時代の軌跡をなぞるようにリアル!
きっとこのタイトルにもなった『エイジ』って、一つの意味は主人公の名前だけど、もう一つは、こういった少年犯罪の多くなった「時代」や中学生の多感な「時期」のことの隠喩のような気がした。 TVの中の「不条理なもの」がぼんやりだけど見えてくる中学生の頃。 アタ
| : : FLMAX Cafe : : | 2005/09/09 8:13 PM |
重松清「エイジ」
ぼくの名はエイジ。東京郊外・桜ヶ丘ニュータウンにある中学の二年生。その夏、町には連続通り魔事件が発生して、犯行は次第にエスカレートし、ついに捕まった犯人は、同級生だった
| *さやかのお部屋* | 2005/12/15 6:42 PM |
重松清。
今日もまた、重松清の本買っちゃいました。 エイジ/新潮社 まだ読み始めたばかりだけど、面白いです。 しかし、うまいよね〜、この作家さん。 優しいと易しいをたして2で割ったような内容です。
| ほととぎす。 | 2006/02/22 8:13 PM |
エイジ
エイジ 重松 清 やっぱり重松清、好きだなぁ、アタシ。 これはキレる中学生が取りざたされたころの本なのかな? 主人公は中学2年生のエイジ。 ホームドラマのような家族との間に 違和感を感じつつも、やっぱりキレたりしない。 学校の中でもいろんな気持ちの
| 読書三昧 | 2006/07/21 1:39 PM |
「エイジ」(重松清著)
 今回は 「エイジ」 重松 清著 です。この本は平成11年度の第12回山本周五郎賞受賞作ですね。
| たりぃの読書三昧な日々 | 2006/07/22 10:12 PM |
「エイジ」重松清
【14歳の少年の心】  同級生が、通り魔だった。 しかも同じクラスの・・・アイツ・・・。 主人公少年のエイジは14歳。 語り手が一人称で14歳男子・中学2年生の2学期・・・人間をあらゆる面で最も成長させるガラスの時期。 そんな多感で繊細な頃の男子中学
| 雑板屋 | 2006/09/08 9:21 PM |
エイジ(重松 清/著)
どこぞの「少年A 14歳」が報道されたとき、わたしはすでに成人して…
| 活字中毒のブックレビュー | 2007/06/22 5:24 PM |
重松清「エイジ」★★★★★
こんなに劇的な中学生時代を 過ごしてはいなかったけど、 エイジはきっと私。 好きな子がいて、 部活に一生懸命で、 クラスでのポジショ...
| ウサギゴヤ・改 | 2008/10/01 10:47 PM |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Selected Entry
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links