本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 「楽園への道」マリオ・バルガス=リョサ/田村さと子訳
楽園への道 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-2)
楽園への道 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-2)
  • 発売元: 河出書房新社
  • 価格: ¥ 2,730
  • 発売日: 2008/01/10
  • 売上ランキング: 54330


池澤夏樹編集の「世界文学全集」、出始めたときに早速第1巻の「オン・ザ・ロード」を読み、
がんばって読んでいこうと思っていたのに、それから読むのが止まってました。
最近、ノーベル文学賞の発表があって、受賞者がバルガス・リョサ。
さて、この人は何を書いているのかな、と調べてみたら、この「楽園への道」があって、
それは私が1巻で挫折していた「世界文学全集」のよりによって第2巻。
これは読めということね、と思って手に取ってみたのでした。
いいきっかけになったので、また「世界文学全集」の続きを読んでみたいなと思うのだけれど、
次は何年後になるのやら。2冊しか読んでいないのに語るなという感じですが、
自分にとってはいろんな意味で敷居の高いシリーズです。いろんな意味で重い・・・。
今回も分厚くて、読むのに10日かかったけど、でも小説のおもしろさを堪能できました。
続きを読む >>
| comments(2) | trackbacks(0) | 23:30 | category: 海外・シリーズ別(世界文学全集) |
# 「オン・ザ・ロード」ジャック・ケルアック/青山南訳
オン・ザ・ロード (世界文学全集 1-1) (世界文学全集 1-1) (世界文学全集 1-1)
オン・ザ・ロード (世界文学全集 1-1) (世界文学全集 1-1) (世界文学全集 1-1)
  • 発売元: 河出書房新社
  • 価格: ¥ 2,730
  • 発売日: 2007/11/09
  • 売上ランキング: 8799
  • おすすめ度 5.0


池澤夏樹特別編集の世界文学全集が出る、ときいて、特集サイトをみにいって、
装丁の色遣いの美しさにほれぼれとする。趣味のいい色合いだわ。

でもラインナップをみてもぴんとこなくて、第一集「オン・ザ・ロード」って何、
名作「路上」の新訳といっても「路上」って何、ジャック・ケルアックって誰、といった
全く何も知らない状態、なのに図書館にリクエストして取り寄せてもらった。
(ちなみに、私の行ってる図書館、第4集まで既に出ていた世界文学全集が
全く置かれていなかったのに、私がこれをリクエストしたら、
この本が届いたタイミングで全部揃ったのだった。
いいことをした気分である。余談)
続きを読む >>
| comments(4) | trackbacks(0) | 00:07 | category: 海外・シリーズ別(世界文学全集) |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links