本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 「泣き虫弱虫諸葛孔明 第参部」酒見賢一
泣き虫弱虫諸葛孔明 第参部
泣き虫弱虫諸葛孔明 第参部
  • 発売元: 文藝春秋
  • 価格: ¥ 1,890
  • 発売日: 2012/07/25
  • 売上ランキング: 20335


待ってました第参部!でも読む前にちょっと躊躇しました。
1,2の内容を忘れてるから再読してから読む方がいいかな・・・と思って。
どうしよっかな、と思ってページをぱらっとめくると酒見さん独特の調子で
「今、三国志がヤバい。」って書いてあってひとしきり現代の三国志談義が。
それを夢中で読んでしまってあっという間に本編に突入してしまい迷う間もなかったです。
で、本編に入ったらなんだか覚えのあるシーン。「あ、レッドクリフやんこれ」
今回やっと赤壁の戦いに入ったもので、映画「レッドクリフ」と内容が被る。
だから話についていけました。
映画見たせいで脳内で周瑜がトニー・レオン、孔明が金城武に自動再生されちゃいましたが、
この作品の周瑜はトニーのイメージじゃない、というかこれがトニーだったらトニーが
気の毒な感じなので、途中からトニー再生はやめました。が、金城武はそのまま再生。
金城武の演じる孔明の胡散臭さは私の中ではこの本の孔明と被るんですよねー

続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:34 | category: 作家別・さ行(酒見賢一) |
# 「語り手の事情」酒見賢一
語り手の事情 (文春文庫)
語り手の事情 (文春文庫)
  • 発売元: 文藝春秋
  • メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2001/07
  • 売上ランキング: 292071
  • おすすめ度 4.0


久しぶりの酒見さん。中国ものが多いんだけど、今回はヴィクトリア王朝だ、
しかしなんだかポルノっぽい?ミュシャの表紙にもひかれて読みはじめて、びっくりした。

謎の館。主人公は「語り手」と呼ばれる謎の存在。そこにはいろんな男が訪れる。
童貞を捨てに来る少年アーサー、SMプレイを求める男、
・・・そんな彼らの欲求を聞いていく語り手。
しかし語り手とは何者か。その館はどんな館なのか・・・。
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:07 | category: 作家別・さ行(酒見賢一) |
# 「後宮小説」酒見賢一
後宮小説 (新潮文庫)
後宮小説 (新潮文庫)
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 500
  • 発売日: 1993/04
  • 売上ランキング: 28538
  • おすすめ度 4.5


第一回日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、酒見賢一を世に送り出した作品。
これが第一回目の日本ファンタジーノベル大賞の受賞作だったことが、
その後のファンタジーノベル大賞の質の高さと幅広さ、を決定付けていると思う。
って解説にも書いていたしよく言われていることだけれど、読んで改めて思った。
ファンタジーノベル大賞作品には気に入った作品がたくさんあるし、
そこから輩出された作家さんでも好きな人はたくさんいる。森見登美彦とか・・・
酒見賢一のおかげ、そしてこの作品を選んだ選考委員のおかげでもある。
でも、この作品はすごい作品だけど、選ぶのはある意味勇気が要ったと思うわー。
続きを読む >>
| comments(6) | trackbacks(4) | 21:04 | category: 作家別・さ行(酒見賢一) |
# 「ピュタゴラスの旅」酒見賢一
発売元: 講談社
発売日: 1991/01
売上ランキング: 717662
おすすめ度 5.0
posted with Socialtunes at 2007/11/07


今入手困難かと。復刊ドットコムで投票行われてます。興味出た方は是非。


「陋巷に在り」全13巻とか、一冊一冊すごいボリュームなのに全然話がすすまずに
全然終わりそうにない「泣き虫弱虫諸葛孔明」とか、
大長編の中国ものを多く書いているイメージのある酒見賢一。
短編集は珍しいんじゃないかな?唯一かな?調べてないけど。
そして驚いたのが現代物を書いていることだった。へえ、書けるんだみたいな(失敬な)。
イメージにないんだよなあ。ギリシャものも2編収録で、それも意外だったし。西洋かあ。

短編って作家の力量がすごく出るような気がするんだけど、ああ短編もうまいなあと思いましたね。
酒見氏の作品は短くても凝縮されていて、そして時間の長さを感じさせられるけど、
今回もそんなようなことを感じました。短くても長さを感じる。短編数頁の世界で終わらない
広がりを感じられる、そういうのがほんまにいい短編やと私は思うので、面白く読みました。


続きを読む >>
| comments(2) | trackbacks(1) | 13:47 | category: 作家別・さ行(酒見賢一) |
# 「童貞」酒見賢一
童貞
童貞
  • 発売元: 集英社
  • 発売日: 2001/09
  • 売上ランキング: 784384
  • おすすめ度 4.0


※酒見賢一の「童貞」以外の「童貞」関係のトラックバックやコメントは削除します。
(最近こんなことばっかり書いてるな)

現在入手困難。復刊ドットコムで投票がおこなわれています。
興味がある方は投票お願いします。

シャのシィのグンが殺された。女達に凄惨に処刑されるシーンからはじまる。
それを見ている、シャのシィのユウ。グンを尊敬していた少年。
彼はその事件で変わっていく。そんな彼を主人公にした寓話。

話は過去に遡る。
シャは女たちが権力を持っている村。川の氾濫に悩まされた村では女達が男を生け贄にし、
女性である川に捧げていたが、川は治まらなかった。
そこで女達は美男子でもあったシャのシィのグンを生け贄にしようとする。
グンは抵抗した。「自分に6年くれたら川を治めてみせる」と。
そして、治水事業にのりだしたのだが。
続きを読む >>
| comments(1) | trackbacks(0) | 14:57 | category: 作家別・さ行(酒見賢一) |
# 「陋巷に在り」全13巻 酒見賢一
陋巷に在り〈13〉魯の巻
陋巷に在り〈13〉魯の巻
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 860
  • 発売日: 2004/11
  • 売上ランキング: 61989
  • おすすめ度 5.0


孔子の愛弟子、顔回は20歳になったばかり。父の顔路と二人、陋巷に住んでいる。
陋巷とはすなわちスラム街。極貧の街でぼんやりとしているように見える顔回は、
勢力を持った巫祝、顔儒一族でもとても能力の高い男だった。
いつしか顔回は陋巷の娘の茵覆茵砲鵬かれ、つきまとわれるようになる。
一方、孔子は魯で立身し、魯国を「礼」に則った国にしようと野望を抱いていた。

春秋時代の魯を舞台とした、荒唐無稽なエンターテインメント孔子伝。
酒見風味付けがふんだんに盛り込まれている。「泣き虫弱虫」ほどギャグに走ってはないけれど、
けっしてくそ真面目というわけでもなく、エンタメに徹して読者を引き込む吸引力は十分。
いやあ、面白い。すごい面白い。
続きを読む >>
| comments(3) | trackbacks(0) | 16:07 | category: 作家別・さ行(酒見賢一) |
# 「周公旦」酒見賢一
周公旦
周公旦
  • 発売元: 文藝春秋
  • 発売日: 1999/11
  • 売上ランキング: 685352
  • おすすめ度 4.0


※読んだのは文庫版ですが画像がなかったのでこっち貼りました。

高校の頃には東洋史の授業があったのだが、日本史専攻の私はほぼどの授業も
寝ていたのか、記憶がない。先生も子守歌みたいなぼそぼそ喋りの人で、
欠片も面白いと感じなかったのだ。テストで30点取れる程度に一夜漬けした程度。

だから中国史は、社会に出て本を読み始めてからの方が詳しいかも知れない。
文化大革命の頃を描いた「ワイルド・スワン」(内容忘れたが)、
清の衰亡を描いた「蒼穹の昴」、中国と言うのはちょっと微妙だけど
元を描いた「地果て海尽きるまで 小説チンギスハン」、などなど。
中国とは本当に歴史の長い国だなあ、とその度遠い目をしてしまうのだが、
その中でも一番中国史を「面白い!」と思えたのは、
我らが(?)酒見賢一の「泣き虫弱虫諸葛孔明」だ。
三国志は知らないんだけど、あれは私にとって画期的1冊だった。
面白いぞ中国。笑えるぞ中国。

続きを読む >>
| comments(2) | trackbacks(0) | 00:50 | category: 作家別・さ行(酒見賢一) |
# 「墨攻」酒見賢一
墨攻
墨攻
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 380
  • 発売日: 1994/06
  • 売上ランキング: 31808
  • おすすめ度 4.5


アンディ・ラウ主演、映画「墨攻」を見に行った。
10万人対一人の対立と聞いて面白そうと思い、見に行ったのだが、
そういや酒見さんの小説にも「墨攻」ってあったなあ、同じタイトルかなあ、
これってマンガが原作らしいしなあ、とか思っていたら
思いっきりエンドクレジットで「原作 酒見賢一」とあった。
おお、私が今一番注目している作家なのに、映画化されてるって知らなかったとは迂闊。
マンガがそもそも酒見原作で書かれてるのですよね。

しかしすごいなと思うのは、日中韓の合作なわけよ、この映画。
日本からは役者は出ていなくて(エキストラは知らんけど)、
音楽と原作なんかを提供したみたいで、役者は中韓から、撮影は明らかに中国でやってる。
中国人が酒見原作を認めたってことよ。これはきっとすごいことだよね。
「さゆり」を日本で映画化するみたいなもん?まああの原作は、外人が書いたにしては
日本のことよく調べてるなあと思ったけど、でも多分日本で映画にしようとかは
あんまり思わないと思うんだよな。
でも今回はいかに日中韓合作とは言え、日本の原作が中国作品で採用されている、
酒見氏が中国に認められた!なんて、勝手に思ってるわけです。ファンとしては。

次は「泣き虫弱虫諸葛孔明」を輸出して奴らを愕然とさせてやろうぜ。
なんて思うわけですが、さすがにそれは採用されまい・・・。
映画「赤壁」構想が進んでるようですが、諸葛孔明は金城武らしいしね。
孔明=カッコいいインテリ、ってイメージらしいからね。夢を壊しちゃ悪いよね。
続きを読む >>
| comments(4) | trackbacks(1) | 03:21 | category: 作家別・さ行(酒見賢一) |
# 「泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部」酒見賢一
泣き虫弱虫 諸葛孔明 第弐部
泣き虫弱虫 諸葛孔明 第弐部
  • 発売元: 文藝春秋
  • 価格: ¥ 1,890
  • 発売日: 2007/02
  • 売上ランキング: 6309
  • おすすめ度 5.0


あの破天荒な諸葛孔明がまたもや読めるとは。発売前から図書館に予約し、
今か今かと待ちわびてやっと読めました。むっちゃ面白かった。
読み終わってしまった後も「続き読まなきゃ」とふと本を手に取ってしまって
「あ、くそ、読んでしまったんだった」と思ってまたぱらぱら読んで笑ってしまう、
そのくらいの面白さ。
あー続きー。あー。まだですかー。(出たところやから、落ち着け自分)。
別冊文藝春秋で連載ですよね?雑誌買おうかなー。ってちょっと思ってるくらいです。
あ、でも別冊文藝春秋って一冊1500円とかするんだ。・・・・。やめときます(おい)。
続きを読む >>
| comments(3) | trackbacks(6) | 16:07 | category: 作家別・さ行(酒見賢一) |
# 「泣き虫弱虫諸葛孔明」酒見賢一
泣き虫弱虫諸葛孔明
泣き虫弱虫諸葛孔明
  • 発売元: 文藝春秋
  • 価格: ¥ 2,000
  • 発売日: 2004/11/25
  • 売上ランキング: 22727
  • おすすめ度 5.0


さて、こんな本を手に取るくらいだから、ここのブログの人(私)は
とても三国志がお好きな方なんだな、なんて思う方もいるのでしょうね。
女だてらに三国志。北方謙三、吉川英治な人なんだな、なんて思った人、
すいません、間違いです。つうか合ってますか、北方謙三に吉川英治で。

これを手に取ったのは「そういや誰かが面白いってどこかに書いてた」、
ただそれだけのことで、三国志の話だということにもタイトル見てすら気づいてなかった。
諸葛孔明って聞いたことあるけど誰だっけ?で、数ページ読んで、
「ああ、三国志っぽいなあ」でも三国志ってどんなだっけ?さらに少し読んで、
「あ、「項羽と劉邦」なら読んだぞー。だいぶ前に、忘れちゃったけど」
と喜んだのもつかの間、しばらく読んで「あ、時代が違うっぽい」・・・。
「つうか、そもそも三国ってどこだ?」と、地図に戻る。

こんなレベル。こんな私が間違って読んでしまったこの本ですが。ですが。

むっちゃくちゃ面白かったのだ。
こんなに分厚い本なのに、「終わらないで」って思うくらい面白かったのです。
だから皆さん三国志なんか読まなくていいから(おい)これ読んだらいいです。
もちろん、三国志を詳しく知ってれば知ってるほど、「なんじゃこりゃあ」と
楽しめることうけあい。ま、つまり誰が読んでも大丈夫ってことで。
続きを読む >>
| comments(14) | trackbacks(13) | 01:56 | category: 作家別・さ行(酒見賢一) |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links