本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 「わたしがいなかった街で」柴崎友香
わたしがいなかった街で
わたしがいなかった街で
  • 発売元: 新潮社
  • 発売日: 2012/06/29
  • 売上ランキング: 63318


ツイッターで新潮社のアカウントをフォローしているので、柴崎さんのこの作品、
雑誌掲載時からの評判を読むことになり、そういうわけで本も手に取りました。
昭和20年の夏に広島にいた祖父のことを思う36歳の東京在住の「わたし」、砂羽の物語と知り、
「わたし」が祖父の思い出を辿って広島に行ったりする話だろうか、とか勝手に思って
いたのだけれど、全然違いました。

広島にいた祖父のことはいつも考え、戦争の実際の映像を見る習慣がある36歳の砂羽ですが、
東京で普通に暮らしています。一人暮らしを始め、数少ない友達の有子や、昔なじみの男性の中井などと
やりとりする日常が描かれているだけでした。契約社員で、正社員になりたいけどなれないと
思っている、人と話したりが苦手で、いつも考えすぎてしまう、そういう普通の女性です。
その日常が柴崎さんらしい淡々とした文体で綴られていきます。

続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 20:54 | category: 作家別・さ行(柴崎友香) |
# 「寝ても覚めても」柴崎友香
寝ても覚めても
寝ても覚めても
  • 発売元: 河出書房新社
  • 価格: ¥ 1,575
  • 発売日: 2010/09/17
  • 売上ランキング: 6506


柴崎さんの本は最近は読んでなかったんだけど、
ツイッターで豊崎由美さんが推していたので、読んでみることにしました。

柴崎さんの書くものというのはとっつきやすいイメージがあったんだけど
これはとっつきにくくて、また体調もすぐれないのもあったんだけど、
読み終わるのにかなり時間がかかっちゃいました。
別に特別変わった文章ってわけでもないんだけどなー。なんでだろう。
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(1) | 00:50 | category: 作家別・さ行(柴崎友香) |
# 「その街の今は」柴崎友香
その街の今は
その街の今は
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 1,260
  • 発売日: 2006/09/28
  • 売上ランキング: 73097
  • おすすめ度 4.5


会社が倒産し、心斎橋界隈のカフェでバイトする28歳の歌ちゃん。
友達と行った初めての合コンで覇気のない男達と過ごしてキレて、飲み直そうと出向いたクラブで
良太郎に出会って酔っていちゃいちゃしてしまうが、本人は覚えていない。
大阪の古い写真を見るのが好きな歌ちゃんが、良太郎やカフェの人達とゆるゆると過ごす
日常を、優しく繊細に描いた物語。

私は大阪生まれ大阪育ちで今も大阪、主人公とも同年代(4つ上って同年代って言わない?)、
そして、著者の柴崎さんとはまさに同年代。
歌ちゃん達の喋ってる大阪弁はそのまま私の大阪弁でほとんど違和感なしで、
ひょっとして柴崎さんって学年一つ上やけど実は同じ高校やったとか、同じ電車乗って
通学してたとかそんなんで、どこかで会ったりとかしてへんかな、と思って
じいっと著者近影を見てみたけど知らん人やった。残念。
続きを読む >>
| comments(3) | trackbacks(3) | 17:07 | category: 作家別・さ行(柴崎友香) |
# 「いつか、僕らの途中で」柴崎友香・田雜芳一
いつか、僕らの途中で
いつか、僕らの途中で
  • 発売元: ポプラ社
  • 価格: ¥ 1,260
  • 発売日: 2006/02
  • おすすめ度 3.5


芥川賞候補になった柴崎友香をまた読んでみようと図書館に出向き、
綺麗な装丁だったので手にとった本。全ページが田雜芳一さんの美しいイラストで
占められた、オトナの絵本のような本だ。

京都の大学を卒業し地元の山梨で教師をしている青年と、
大学で彼と一緒にいて、今は京都の大学の院に進んで勉強をしている女性。
彼らの往復書簡とイラストで綴られる、1年。

いやあ、これはぐっときました。ピンポイントで。ちょっと泣きそうでした。
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(1) | 22:44 | category: 作家別・さ行(柴崎友香) |
# 「きょうのできごと」柴崎友香
きょうのできごと
きょうのできごと
  • 発売元: 河出書房新社
  • 価格: ¥ 1,365
  • 発売日: 2000/01
  • 売上ランキング: 208,259


地元の図書館に行って、通りすがりに借りて読んだ本。
文庫はまだだと思ってハードカバーを借りたが、既に文庫が出ていた。
文庫では書き下ろしも収録らしい。なんだか損した気分だが、
図書館で無料だしとりあえずいいか。気が向いたら文庫も買おうと思う。

映画も見ました。感想はこちらに書きました。

続きを読む >>
| comments(2) | trackbacks(5) | 16:36 | category: 作家別・さ行(柴崎友香) |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links