本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 「国盗り物語」司馬遼太郎
国盗り物語〈1〉斎藤道三〈前編〉 (新潮文庫)
国盗り物語〈1〉斎藤道三〈前編〉 (新潮文庫)
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 740
  • 発売日: 1971/11
  • 売上ランキング: 24221
  • おすすめ度 5.0


※画像がなかったので1冊しか貼っていませんが、全4巻です。
前半(2巻)と後半(2巻)です。

突然ですが先日、司馬遼太郎記念館に行ってきました。
大阪府東大阪市の司馬さんのお住まいが記念館になっています。近郊の方は是非。
ちょうど菜の花忌のあたりに行ったので、駅からの道にも菜の花が咲き乱れていて綺麗でした。
司馬遼太郎の著作と司馬遼太郎の蔵書が天井まである書架に展示されている様は圧巻です。
長い間ぼうっと眺めていました。
蔵書が本当にものすごくて、これだけの本を読んでこれだけの物語を書いたのだなあ、と
感無量でした。

そこでも本が買えるんですが、記念館の帯がついてたり、記念館のブックカバーだったりで
いい感じでした。それを目当てに2冊購入。
「街道をゆく」がテーマになったビデオ上映を見たので、感化されて「街道をゆく」を買ったり。
あと、戦国と幕末の司馬作品一覧(マップ付き)も買いましたよー。
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(1) | 04:11 | category: 作家別・さ行(司馬遼太郎) |
# 「坂の上の雲」司馬遼太郎
坂の上の雲〈1〉
坂の上の雲〈1〉
  • 発売元: 文藝春秋
  • 価格: ¥ 620
  • 発売日: 1999/01
  • 売上ランキング: 823
  • おすすめ度 4.88


文庫で全8巻。長いです。読破には気合がいりますが、面白いから大丈夫。
私は母に薦められて読み始めました。

明治のはじめから日露戦争までを舞台として、
愛媛の松山で生まれた3人の男を主人公に話は進みます。
一人は俳人正岡子規、一人は日本騎兵を作った秋山好古、
もう一人はその弟で日本海軍の優秀な参謀、秋山真之。
俳人正岡子規は友人の真之の活躍も見ずに、短い生涯を終えてしまうが、
そこからがこの小説はすごい。子規には悪いけど・・・
日露戦争の様子が、非常に詳細に描かれています。すごいよ。

明治天皇が崩御したときに殉死した(と私の記憶では思われる)乃木希典、
彼が陸軍で旅順攻撃で実は大失態をおかしてたり(というか悪いのはその参謀だけど)
そんなこと全く知らなかった。明治時代、知ってるようで知らないのよね・・・

ロシアのバルチック艦隊、っていう当時世界最強の海軍が、
わざわざアフリカ経由で日本に攻めてくるんだけど、その大将が臆病で
ヨーロッパの海で、日本軍と間違えてイギリスの漁船をぼこぼこにしたり、
「え、これって全部実話?」ってくらい滑稽な話が次から次へと。
歴史を作るのは所詮人間、愚かなことの繰り返し。なんてことが痛いほどわかる本でした。

戦争のことがずっと描かれているんだけど、その事実を克明に、
その滑稽さも日常も包み隠さず描かれているものだから、
逆に「あーこんなばかなことしちゃ、あかんな」ってほんまに思った。
死体が山になって休戦して収容する、なんていう場面もあって、
そのリアルさが身に染みた。

こんな感想はほんの一例に過ぎず。得るものは多いと思います。
| comments(0) | trackbacks(1) | 00:34 | category: 作家別・さ行(司馬遼太郎) |
# 「世に棲む日日」司馬遼太郎
オンライン書店ビーケーワン:世に棲む日日 1オンライン書店ビーケーワン:世に棲む日日 2オンライン書店ビーケーワン:世に棲む日日 3オンライン書店ビーケーワン:世に棲む日日 4

全4巻。 幕末の長州藩のお話です。
特に、長州藩を攘夷藩にしてしまった原因である吉田松陰、
そしてその門人で長州で革命を起こしてしまった高杉晋作、
彼らの人生を追いつつ、幕末の一時代を描いています。

続きを読む >>
| comments(3) | trackbacks(2) | 00:42 | category: 作家別・さ行(司馬遼太郎) |
# 「峠」司馬遼太郎
オンライン書店ビーケーワン:峠 上巻 オンライン書店ビーケーワン:峠 中巻 オンライン書店ビーケーワン:峠 下巻

昔書いた感想だから短いです。もっと感動したはずなのにな。

長岡藩の家老になった河合継之助の生涯。
河合継之助って誰やねん。と思いつつ読んだ。
続きを読む >>
| comments(1) | trackbacks(2) | 00:32 | category: 作家別・さ行(司馬遼太郎) |
# 「新選組血風録」司馬遼太郎
4041290074新選組血風録
司馬 遼太郎

角川書店 2003-11
売り上げランキング : 9,357

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



感想を書いたのは2004年。新選組関連本の過去記事特集第2弾。
_______________

今、私の中で新選組が大ブームなのです。
大河ドラマの影響、わかりやすすぎ。
大河ドラマみてるとねえ、「今のシーンを司馬遼太郎はどう描いてるか?」
ってことが妙に気になったりして、それでこの本と「燃えよ剣」を
一気に読破、なんとなく気が済みました。

「燃えよ剣」は土方歳三の生涯をフルスピードで描いたものでしたが、
この本は連作短編。
新選組のメンバー数人に焦点が当てられ、彼らの具体的な人となり、
生き様、なんかが丁寧に描かれる。
大事件でなくても、具体的で小さなエピソードに、
隊士たちの人間味がにじみ出ている秀作が多かった。

続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(1) | 16:49 | category: 作家別・さ行(司馬遼太郎) |
# 「燃えよ剣」司馬遼太郎
燃えよ剣 (上巻) 燃えよ剣 (下巻)

 
「桃色トワイライト」のせいで「新選組」熱に再度火がついた私、
過去に書いた新選組関連本の感想をアップしてみる。の第一弾。
____________

この本は確か3度目の読破。大河ドラマの影響で読み始めた。
土方歳三の視点でみる新選組を、もう一度時系列で読んでみたくなったのだ。
しかしこの小説は新選組のことを書いているわけではない。
あくまで土方歳三の生涯。下巻はほぼ戊辰戦争で紙面が割かれる。

続きを読む >>
| comments(5) | trackbacks(3) | 16:46 | category: 作家別・さ行(司馬遼太郎) |
# 「義経」司馬遼太郎
オンライン書店ビーケーワン:義経 上 オンライン書店ビーケーワン:義経 下

えっと、先に2005年大河ドラマ「義経」について。
書き出したらきりがないので、箇条書きで。

・タッキーの上半身裸とアクロバットが何故こうも何度も観られるのか?
・タッキーが長い台詞を言うたびに「かまずに言えてよかったね。」と母のように見てしまう。
・那須与市は今井翼なのかよ。上の心配を彼にもしないといけないとは。
・うつぼちゃんはここ数回は出演せず、バレーボールをしていたようだ。架空の人物は便利でいいな。
・義経の郎党達はコントにしか見えない。ちゃんとした俳優のはずの松平健も所詮いまやマツケン。表情が三枚目で一番笑える・・・
・しかし「義経」の本当の主役は平幹二郎と夏木マリだと私は思う。うさんくさすぎ。いいぞーもっとやれー。
・そして平宗盛のバカ殿ぶりも最高。嫁役は是非杉田かおるにやってほしかった。
・小池栄子は目を剥きすぎだった。

と、鬱憤をはらさせてもらったところで、本の感想にいきます。
続きを読む >>
| comments(1) | trackbacks(6) | 01:50 | category: 作家別・さ行(司馬遼太郎) |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links