本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 新潮文庫の100冊検定
新潮文庫の100冊、2008年版で、100冊検定なるものがありました。
やってみました。

かなり苦労して上級とりました。嬉しい!
| comments(2) | trackbacks(0) | 19:46 | category: 雑記 |
# SNSの件。
本を読む人々。SNSにご参加の皆様

現在ログインできません。
今システム管理者に問い合わせ中です。
少々お待ちください。

何かわかればここでお知らせします。

取り急ぎ、避難所作りました。
長引くようでしたらこちらにどうぞ。

本を読む人々。避難所

※現在どちらも招待制にしており、
「本を読む人々。」SNSにいた方のみ、避難所への登録をOKとしていますが、
新しい方の登録はしばしお待ちいただいています。ご了承下さい。
SNSにおられた方で招待して欲しい方はこちらまでご連絡下さい。





| comments(1) | trackbacks(0) | 15:32 | category: 雑記 |
# デザイン変更
すっごく久しぶりにデザインを変更してみました。

「見づらくなった!」って方がいたら教えてくださいね。
また修正していきます。

ちなみに、2bitさんのところでテンプレートをいただきました。
ありがとうございます。
| comments(3) | trackbacks(0) | 01:01 | category: 雑記 |
# あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。
昨年もいろいろありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。

今年も、皆様も私も、よい本にたくさんめぐり合えますように。

今年の目標
積読を減らす
翻訳をもっと読む

あと、冊数とかはもう少なくてもいいので、
いい本をしっかり選んでじっくりと読んでいきたいなあと思います。

年末年始、体調を崩し、あまり本が読めていません。
せっかくまとめ読みできるいい機会ですのにね。
体調とっとと治して、また本を読みはじめたいと思います。

昨年のベストを書こうと思っていたのだけれど。
休みのうちに書こうっと。

| comments(7) | trackbacks(1) | 02:29 | category: 雑記 |
# すいません(トラックバックの件)
すいません・・・・
4月半ばに「リンクなしトラックバックの拒否」機能が追加されてたのを、
今日知りました。

初期設定は有効になっていたようで、なのでリンクなしのトラックバックは
ここ2ヶ月間、がんがんはねられていたようです。

トラバを承認制にしたら減ったなあ。と呑気に思っていた私が悪かったです。
この間トラバしてくださってた全ての方々、すいませんです。

機能は一旦解除しましたが、泣くほどスパムがきたら、また機能を
有効にするかもしれません。そのときにはお知らせしますね。
| comments(1) | trackbacks(0) | 23:48 | category: 雑記 |
# TB承認制にします。
お知らせです。

トラックバック機能を承認制にしました。
皆さんからいただいたトラックバックは一旦公開が保留されます。
申し訳ありませんが、ご了承下さい。
| comments(2) | trackbacks(0) | 14:28 | category: 雑記 |
# カテゴリ昇格予備軍の作家たち
「もうすぐカテゴリ昇格」作家リストを更新していくことにしました。

カテゴリ昇格とは何ぞや?
ここのカテゴリ分けは作家別にしています。
読んだ作家全部やってたらきりがないので、カテゴリ昇格基準を決めてます。
3作品読んで、今後も読むであろう作家、についてはカテゴリ分けをして、
あとは「その他作家」とまとめてる、というわけです。
3冊読んでいても今後読むかどうか微妙な作家はカテゴリわけしていません。

以下、既に2冊読んでいて、カテゴリ昇格候補の作家達です。
記念すべき3冊目に読む(予定)本も挙げてみます。
まだ2作しか作品を出してない人は今のところ載せてません。

と、えらそうに書いていますがひたすら自分用メモです。無視して下さい。


市川拓司  次は「SEPARATION―きみが還る場所」
乙一    次は「ZOO」
岡嶋二人  次は「焦げ茶色のパステル」
海堂尊    次は「螺鈿迷宮」
栗田有起  次は「ハミザベス」
鯨統一郎  次は「なみだ研究所へようこそ」
雫井脩介  次は「犯人に告ぐ」
真保裕一  次は「奇跡の人」
佐藤多佳子 次は「一瞬の風になれ」
佐藤賢一  次は「ジャガーになった男」
柴崎友香  次は「その街の今は」
田中啓文  次は「蹴りたい田中」
嶽本野ばら 次は「エミリー」
中山可穂  次は「弱法師」
藤沢周平  次は「隠し剣 孤月抄」
畠中恵   次は「ねこのばば」
藤原伊織  次は「シリウスの道」
三羽省吾  次は「太陽がイッパイいっぱい」
本谷有希子 次は「江利子と絶対」
山田詠美  次は「姫君」
米村圭伍  次は「退屈姫君 海を渡る」
柳美里   次は「ルージュ」
綿矢りさ  次は「夢を与える」

最近カテゴリ昇格した作家
三崎亜記
森博嗣
森見登美彦
| comments(7) | trackbacks(2) | 16:54 | category: 雑記 |
# 作家占い
作家占い発見、やってみました。
道草読書のススメさんを覗いてたらありました。面白い企画をありがとうございます)

本名を入れてやってみたところ・・・。
(ちなみに「ざれこ」名義でも同じ結果。誕生日で見るのだな)

ざれこさんは村上春樹 です!

●村上春樹さんのあなたは、持ち前の明るさで周りを照らす太陽のような人です。意識的に励ますのではなく、自分が輝くことによって、みんなに勇気と希望を与えることができます。そんなあなただけに、パワーを分け与えすぎてしまって、ひとりになるとドッと落ち込むナイーヴさも…。それでも自分のことより人のことを大事に考えてしまうのがあなたなのです。人のグチは聞くのに、自分のつらさは隠してしまいます。それがあなたの長所でもあるのですが、爆発してしまう恐れも。適度なガス抜きは大切ですので、太陽の明るさを保つためにも、たまには人に甘えてみてください。いつもあなたに助けてもらっている人が、今度はあなたの役に立てたと喜ぶかもしれません。

● ざれこさんの開運ヘアスタイルは、アフロヘアーです!


なんで村上春樹でアフロなん?私はアフロヘア好きだから、いいけど。
「やれやれ」な感じの春樹像とはほど遠い結果ですなあ。
ま、自分の話はあまりしないという点は当たっていますが、単に面倒なだけです。
やれやれ。

| comments(7) | trackbacks(8) | 00:34 | category: 雑記 |
# 第136回芥川賞、直木賞
芥川賞は青山七恵さん、
直木賞は該当作なし、に決定しました。

つうか、読みました?直木賞選考委員。
文藝春秋の作品しか読んでないんじゃないの?

とか思う私はひねくれてますでしょうか。

結果を楽しみに待っていましたが、もういいや、飯食おう。
| comments(2) | trackbacks(1) | 20:12 | category: 雑記 |
# 2006年殿堂入り本、一挙公開。
もうすぐ終わりですね、今年も。早いなあ。
年賀状を印刷しながら、この記事を書いております。

今年もたくさんの素晴らしい本との出会いがありました。
2006年のベスト10を毎月更新していて、今月分を考え合わせれば
ベスト10は決定するはずだったんですが、10作品にどうしても絞りきれなかったので、
今年は「私のある一線を越えた10数冊」をここで挙げておくとしましょう。
殿堂入り作品たちです。順不同。

続きを読む >>
| comments(5) | trackbacks(0) | 01:40 | category: 雑記 |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links