本を読む女。改訂版

関西弁でだらだらと本の感想書いてます。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 「スイートリトルライズ」江國香織
スイートリトルライズ (幻冬舎文庫)
スイートリトルライズ (幻冬舎文庫)
  • 発売元: 幻冬舎
  • 価格: ¥ 520
  • 発売日: 2006/08
  • 売上ランキング: 174438


ワタクシ事ですが、最近やっと結婚しました。
結婚したとたんにこういう本を読むのってどうなんだろうと自分でも思いましたが、
なんとなく読みたくなって読んでみました。

なんとなくすれ違っている夫婦が、それぞれ不倫もしつつ夫婦生活を送り続ける、
それだけの淡々とした物語でした。
だけど、独身時代に読むとわからなかったことも、少しリアルに感じられることもあって、
人生何事も経験だなと思いました。

続きを読む >>
| comments(8) | trackbacks(0) | 18:01 | category: 作家別・あ行(江國香織) |
# 「ウエハースの椅子」江國香織
ウエハースの椅子 (ハルキ文庫)
ウエハースの椅子 (ハルキ文庫)
  • 発売元: 角川春樹事務所
  • 価格: ¥ 520
  • 発売日: 2004/05
  • 売上ランキング: 22350
  • おすすめ度 4.5


久しぶりの江國さん。これを読んだ時はわりとばたばたと忙しく、
気持ちが俗っぽいというか、やさぐれてるというか、ちょっとくさくさしていた。
あまり芸術をたしなむという余裕はない。ただいつもの癖で本だけは読む。
久しぶりの江國さんのこの小説はだから最初、「こんな奴おるかいな」といった
大木こだまひびき並のツッコミを持って私に迎えられることとなってしまう。
でもだんだんと、江國さんの雰囲気にはまっていって、
俗な心が少しずつ哀しみで凪いでいくようだった。

続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:30 | category: 作家別・あ行(江國香織) |
# 「号泣する準備はできていた」江國香織
号泣する準備はできていた (新潮文庫)
号泣する準備はできていた (新潮文庫)
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 420
  • 発売日: 2006/06
  • 売上ランキング: 89160
  • おすすめ度 3.0


江國さんを読むのは久しぶり。直木賞受賞作品を読んでいた流れで久々に手にとった。
いくつもの本当に短い短編が収録されている、江國さんらしい短編集で、まとまりがよくて、
小説としてうまいし、受賞も納得、ではあるけれど、江國さんの代表作ではないなあ。
相変わらず作家の代表作には直木賞ってもらえないよなあ、と思ってしまった。
読んでだいぶ経つので、もうあまり印象がない。感想書けずにちょっと困っている。
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:47 | category: 作家別・あ行(江國香織) |
# 「雨はコーラがのめない」江國香織
雨はコーラがのめない (新潮文庫 え 10-14)
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 420
  • 発売日: 2007/06
  • 売上ランキング: 37797


書影がないのはなんで?かわいいのに。
新刊だけど、今年の新潮文庫の100冊にも入ってます。ブックカバー狙ってる方は
買ってもいい本やと思います。いらんお世話ですが。

タイトルの意味がわからんぞ、と最初思いましたが、「雨」は犬の名前でした。
江國香織さんと犬の雨とで、音楽を聴いたり散歩したりしてる日常が淡々と書かれているエッセイ。
続きを読む >>
| comments(2) | trackbacks(1) | 01:42 | category: 作家別・あ行(江國香織) |
# 「ホテルカクタス」江國香織
ホテルカクタス
ホテルカクタス
  • 発売元: 集英社
  • 価格: ¥ 540
  • 発売日: 2004/06/17
  • おすすめ度 4.5


集英社文庫版で読みましたが、挿絵がまず素晴らしいですね。
佐々木敦子さんとおっしゃる画家さんがふんだんに挿絵を入れておられて、
これ表紙もそうなんですよね。階段の絵。最初は一瞬写真かと思ってました。
光の具合が柔らかくて実に自然で。でもよく見てると現実にはありえない美しさ。
好きだなあ。この絵。

で、お話は、きゅうりと帽子と数字の2、の物語。
続きを読む >>
| comments(1) | trackbacks(6) | 00:54 | category: 作家別・あ行(江國香織) |
# 「きらきらひかる」江國香織
きらきらひかる
きらきらひかる
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 420
  • 発売日: 1994/05
  • 売上ランキング: 7,967
  • おすすめ度 4.63


昔書いた感想なのでかなり短い。
私の再読リストに入ってるうちの一冊です。
江國さんの本は、どれもこれも、何度も読み返したくなります。
あの空気にじんわりと浸ってたら、切なくも気持ちいい、そんな感じ。

では
続きを読む >>
| comments(2) | trackbacks(5) | 01:59 | category: 作家別・あ行(江國香織) |
# 「ホリー・ガーデン」江國香織
ホリー・ガーデン
発売元: 新潮社
価格: ¥ 500
発売日: 1998/02
売上ランキング: 18,356
posted with Socialtunes at 2005/10/14


私には14年ほどの付き合いの女友達がいる。
彼女は美人で男にもてる。しかし気さくでいい奴である。気も利くし、面倒見もいい。
でも時折、彼女の意見にむちゃくちゃ腹がたつことがあって、どうせわからんよあんたには、
って思って投げやってしまう時もある。多分向こうもそうだろうと思う。
正反対すぎて、そしてつきあいが長すぎて、ただの友達だったら聞き流せるところが
聞き流せず、それで微妙な緊張が生まれるのだった。

続きを読む >>
| comments(2) | trackbacks(2) | 00:33 | category: 作家別・あ行(江國香織) |
# 「神様のボート」江國香織
神様のボート
神様のボート
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 460
  • 発売日: 2002/06
  • 売上ランキング: 15,163
  • おすすめ度 4.17


だいぶ昔に書いた感想で短いですが、以下。
私の恋愛小説ベスト1かもしれません。むっちゃ痛いけど。
続きを読む >>
| comments(2) | trackbacks(5) | 00:30 | category: 作家別・あ行(江國香織) |
# 「流しのしたの骨」江國香織

江國 香織 / 新潮社(1999/09)
Amazonランキング:87,193位
Amazonおすすめ度:



昔読んだ本を読み返してみる。
これは、ある家族のお話。
父と母と、長女そよ、次女しま子、三女こと子、長男律、のお話。
続きを読む >>
| comments(4) | trackbacks(4) | 01:56 | category: 作家別・あ行(江國香織) |
# 「泳ぐのに、安全でも適切でもありません」江國香織
泳ぐのに、安全でも適切でもありません
泳ぐのに、安全でも適切でもありません
  • 発売元: 集英社
  • 価格: ¥ 480
  • 発売日: 2005/02
  • おすすめ度 4


先日、図書館でふらっと借りて読んだのだが、今は文庫が出ている。

読みながら、彼女の作品にぴったりな形容を思い付く。「痛ましいなあ」
その「痛ましさ」が読むたびにだんだん強くなっていく気がするのは、
多分私が歳をとったからだろうと思う。いろんな意味で。
続きを読む >>
| comments(2) | trackbacks(5) | 12:35 | category: 作家別・あ行(江國香織) |
NOW READING
ざれこの今読んでる本
Categories
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Profile
Search this site
Sponsored Links